ペア

自律神経失調症は治療で改善|必要成分を積極的に摂取しよう

セロトニンと自律神経

男性

交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで起こる不定愁訴を自律神経失調症と言いますが、治療のためにはセロトニンの合成・分泌を促す必要があります。そのためには、腸内環境を整える、必須アミノ酸・脂肪酸などの栄養素を摂る、生活改善を行う、などが重要です。

View Detail

体調に合わせて選択可能

薬膳茶

ストレスの多い社会であるため、自律神経失調症やうつ病を患う人が増加しています。しかしながら、西洋医学では改善しない人も多く、抗うつ剤の副作用が気になり飲まない人もいます。このため、漢方によって改善をしようと考える人も最近では増えてきました。

View Detail

更年期障害の特徴

薬膳

更年期障害を発症した場合、人によっては顔のほてりや発汗など、自律神経失調症に似た症状を引き起こすことがあります。こうした症状は医師の処方薬によって改善していくことが可能です。その際、漢方を用いることができれば、より自然な形で、体に負担をかけることなく症状を和らげていくことができるのです。

View Detail

更年期と自律神経失調とは

女性

多くの人を悩ませる自律神経失調症は、ストレスや不規則な生活習慣を原因として、自律神経のバランスが乱れることで起こります。また、更年期に生殖機能が低下することで、ホルモンバランスが乱れても、同様に自律神経失調症を引き起こします。自律神経失調症は、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで起こる不定愁訴です。長期間ストレスに悩まされたり、不規則な生活を送っていることで、セロトニンの分泌異常が起こります。それが副交感神経の働きを弱めるため、自律神経のバランスを乱す原因となるのです。また、更年期にホルモンバランスが乱れることでも、同じように自律神経の乱れを引き起こします。更年期障害の症状としての自律神経失調は、セロトニンの合成・分泌のほかに、ホルモンバランスの乱れを整える治療が必要となります。女性であればエストロゲンと呼ばれるホルモンを補充するのが効果的です。

女性ホルモンであるエストロゲンのバランス異常は、似たような栄養素を摂取することでも改善されることがあります。主に大豆イソフラボンやローヤルゼリーといった栄養素には、エストロゲンと同様の働きをする効果が確認されており、女性の更年期障害の治療には積極的に利用されています。男性の更年期障害を原因とする自律神経失調の場合は、テストステロンの補充治療が効果的です。テストステロンは似たような働きをする栄養素はありませんので、ホルモン補充療法が必要となります。また男女問わず、自律神経失調症の症状には、副交感神経の働きを高める努力をすることが大切です。心を静めるハーブや、音楽、生活習慣を心がけると治療効果がより高まるでしょう。

自律神経失調症の治療法は、自律神経失調症に作用する栄養成分を摂取することで、自律神経失調症を改善することができます。まず、ビタミンAを使った治療法をやります。この治療法は、自律神経をコントロールして、症状を弱くする力があります。つまり、自律神経の感覚を取り戻すことができるのです。次に、ビタミンB郡での治療していきます。この治療は神経の働きを正常に保つことができる作用があるのです。このように、健康成分で自律神経失調症を治すことができるのです。