女の人

自律神経失調症は治療で改善|必要成分を積極的に摂取しよう

セロトニンと自律神経

男性

治療の流れ

自律神経失調症は、自律神経の乱れが原因として起こる様々な心身の不調・不定愁訴のことを言います。自律神経が乱れる原因は、主に生活習慣の乱れ、ストレス過多、ホルモンバランスの低下、などが挙げられます。何れの場合も、治療のためには、セロトニンの合成・分泌を促すのが効果的と言われています。セロトニンの合成・分泌を促すためには、腸内環境の正常化、必須アミノ酸・脂肪酸など特定の栄養素の摂取、または生活習慣の改善が求められます。必須アミノ酸・脂肪酸といったものは、食品から摂取することも出来ますが、治療の継続性や手間、コストなどについて考える場合は、サプリメントから摂取するのがおススメです。

腸内環境と生活改善

また腸内環境を整えるためには、乳酸菌・ビフィズス菌・ラクトフェリンといった善玉菌を摂取する必要があります。それらをオリゴ糖や食物繊維といった、腸内で善玉菌のエサとして働く栄養素と一緒に摂取すると、整腸効果が高いと言われています。また、乳酸菌は納豆菌と一緒に摂ることで、その量が10倍になる等の特性もあります。必須アミノ酸・脂肪酸はセロトニンの原料となり、腸内環境を整えることでセロトニンの合成・分泌が効率よく進みます。そうしてセロトニンの分泌が正常化することで、自律神経失調症の症状改善が期待できます。また自律神経失調症の治療には、生活習慣の改善も必要です。規則正しい生活を送ること、日光を浴びること、リズミカルな運動をすること、よく笑うこと、などが自律神経失調症の治療効果が高いと言われる日常行動です。